ASKAさんMV収録

300人枠に1万1千人の応募あったんですか?!

それに当選した私、ホントに一生分のツキ使っちゃいましたかね(((・・;)

18時前に来られると近隣の迷惑との事前メールあったので、現地到着18時10分頃でした。

入場して自分が150~200人目くらいだとわかりました。

もっと早く来るべきだったと後悔したのは、ステージが平台なのを見た瞬間(>_<)

前の列に背の高い方、ヒールを履いた方、帽子をかぶった方がいらして、頭と頭と頭と頭の間から覗き込んでもほとんど見えな~い!

しかし、同じ空間に居れたことが奇跡なので…。

マッキーさん、メッケンさん、古川さん、江口さん、澤近さんのオーラは凄かった(゜o゜)

ASKAさんは綺麗でした。
生身の人間じゃなくて、お人形さんみたいでした。

笑顔満開で嬉しかったなぁ(*^^*)

「みんな、ごめん!」
十分すぎるリスタートでした(T_T)

未来の勲章2テイク後、バンメンが退出し、マー坊さん、啓介さん、大石吾朗さん、ロニーさんをお一人ずつセンターに呼んで紹介し、言葉を交わし合ったのですが・・・
マー坊さんが涙ぐむからASKAさんもうるっときて、Fellowsもらい泣き(; _ ;)

ASKAさんはどんだけいい人に囲まれてるんだ!

ゲストが退出し、1964年東京オリンピックの時、沿道で小旗を振った思い出、2020年のテーマソングを2年かけて完成したこと、映像を付けるのに丸1日かかったことを語られました。
一緒にテーマソングを創ったと、THE ALPHA のキーボードだった矢賀部竜成さんが紹介されました。

矢賀部さん、ASKAさん退出後、東京オリンピックテーマ曲1964-2020(インストゥルメンタル)の映像を観せていただきました。
様々なアスリートの競技シーン、表彰シーンのスローモーションが次々に映し出され、壮大で荘厳で力強く美しい曲が、アスリートの努力も苦悩も孤独も栄光も全てを昇華していきました。
身体はピンで止められたように固まり、心は激しく揺さぶられていました。
これは確かに、候補に上がるどの曲より素晴らしいだろう。
公式となる可能性は限りなくゼロに近いけど、世界中の人に聴いてもらいたい。


今回、収録に参加できたこと、感謝しています。
でも、ますますライブ熱が上がってしまいました。
生声、生演奏で、燃えたい!
少しね、冷静に遠慮してたのよ。
顔より上で手拍子したら後ろの人に迷惑だろうとか、声かけしたら収録の邪魔だろうとか、、、。
や、「ASKA、お帰り!」と発して下さった男の方には『ありがとう』『よくぞ勇気を出して言って下さいました』と拝みたい気持ちです!


来年秋以降の全国縦断ライブ、楽しみで楽しみで楽しみです♪

ASKAさんのやりたいこと

すぺては音楽のために!

5本の矢、ASKAさんの多才さゆえかと思っていました。

音楽に関しては、インターネットの利点を活かし、ミュージシャン各自が、H Pにスポンサー広告を付けたり、クラウドファウンディングを行ったり。
各国のプロモーターを繋げて、共同体のミュージシャンが利用できるようにしたり。
エージェントを排除し、ミュージシャンが音楽で食べていけるように。

ASKAさんの試作品は、医療現場のため。
レオナルド・ダ・ヴィンチだな~と思っていました。
今日のエントリー「ふう・・・。」の【3ppm】
これって、製造ラインに乗せた時の欠陥品発生率のこと?
世界に向けて大量生産するのか?
そして【すべては自分のやりたいこと=音楽に繋がっている】
ASKAさんが起こそうとしている音楽界の革命には、膨大な資金が必要なのではないか?
インターネットを駆使して、レベルの話ではないのではないか?

ASKAさんっ!
気になる、気になるよーーーっ

この壮大な計画は、2016年DADAレーベル設立から始まった、、、伝説が生まれようとしている?!
私たち、大河の源流、原初の一滴を見ているんだ、、、スゴい、スゴいよ。


PS.先だっての工事、コンピューターじゃなくて、モフモフ絨毯で防音工事だったみたい・・・。

ASKAさん飛び入り

大方のファンが予想していたとおり、
啓介さんライブにASKAさんがシークレットゲストで登場されたようで…

ライブに行こうか行くまいか?
恵美さんも出る時点でちょっと悩み、
近ちゃんが追加された時点でかなり悩み、
ASKAさんのブログ読んだ時点で猛烈に悩み、
結局、前々からチケットgetしていた西武ライオンズの試合観戦を選択しました。

バンメンの皆さん、好きだけど
個々の曲を聴いているわけでもなく
聴けば好きになるのだろうけど
そこまで手を広げる余裕もなく

ASKAさんはASKAさんのliveまで待つよ


YouTubeに立て続けにupされた
″オレンジの海″″通り雨″
感無量、言葉になりません。

今秋発売のMV集、アルバム″Black and White″
期待が高まりますね~


さぁて、と
今日も試合観戦、気合い入れて行くぞぉ!

ASKAさん月に帰る?!

かぐや姫が月に帰る日が近づいてきたのか(._.)

喜ばしいことなのだけれども、、、

寂しいのも素直に認めよう。。。


お引っ越しの報告の時は、DADAレーベルのHPなのかな?ぐらいでしたが

世界に拡がる構想のお話は、『シンガーのASKAです』じゃないわな~


最近なさった工事というのは
ホストコンピュータ導入とかだったのだろうか?

fellowsのメンバーが気になる気になるf(^_^;


かぐや姫さんは相変わらず、日めくりを5枚ずつ(いや、そんなもんじゃないか?!)めくってるね。

ASKAさんの一生は、人間界でいうと1000歳ってことになっちゃう~♪

ふなっしー語録

ふなっしーLOVEな私です(*^^*)

なかなかイベントに行けないので(T_T)
DVDで癒されてます♪

そして毎晩、Twitterで励まされますp(^-^)q

お気に入りのTweetをご紹介しま~す\(^o^)/
(顔文字は略します)

2017.5.19
みんなー今日も一日お疲れ様なっしー♪
しんどい時はしんどいって言うなっしー♪
絶対無理はしちゃダメなっしー♪
適当にいくなっしー♪
明日もみんなにいい事ありますように梨汁ブシャー
もやあばうとー

2016.1.13
みんなー今日も一日お疲れ様なっしー♪
大変ですわーわかりますわー♪
でも何とかなるなっしー♪
明日もみんな元気に梨汁ブシャー
もやすみー

2015.12.20
みんなもやすみなっしー♪
みんなの心配事はふなっしーがこのピコピコハンマーで八つ裂きにしてやるなっしー♪
安心して寝るなっしー♪

2015.12.18
みんなーもやすみー
どんなピンチがあろうと
今日の事は今日で終わるなっしー
気持ち入れ替えて明日からいくなっしなー


ふなっしー夏祭り2016(日本武道館での梨フェス)で、ふなっしーが「我々は~っ」と呼びかけると、お客さんが「無理をしな~いっ!」と応えるところが、好きで好きで好きで~♪

そして、、、「ご当地キャラエレジー」を聴くと泣けてきます(ToT)


ふなっしーって、ハードスケジュールなのにホントに毎日元気(@_@)

健康で長生きしてほしい人の一人です(^人^)
↑人じゃなくて妖精かっ(笑)

スタレビ大宴会

スターダスト・レビュー35周年ということで、12組の豪華ゲストが出演したライブに行ってまいりました(^O^)

13時過ぎに開演して終了が20時半過ぎ(゜ロ゜;
途中30分の休憩はあったものの、アラ還の要さん恐るべし!

ゲストの皆さんは、成人している日本人ならほぼ知っているであろう代表曲をコラボして下さったわけですが、決して懐メロにはなっていませんでした。

年齢的に衰えるのが自然だと思うのですが、声も見た目もストイックに維持し、技術を磨き、歌の世界に引き込んでしまう。
テレビのスケールとは桁違い!
テレビって、日常が邪魔をする。
雑念が入りやすい。
ついつい、その曲が流行った当時の自分を回顧したりしてしまう。
でもライブは非日常の世界。
曲がダイレクトに響き、今を生きる自分に訴えかけてきて、新しい曲となる。

やっぱりライブは最高\(^o^)/



35周年をお祝いする生花スタンドが入口にずらーっと並んでたのですが、チャゲちゃんからのお花もありました。
それが向日葵だけなので一際目を引き、周りの方の声を耳をダンボにして聞いてたら、「チャゲのいいね~」「あら素敵!」と大好評で、とっても嬉しかったと、いう話さ(*^^*)

昭和が見ていたクリスマス!?

雨の休日
なぜか昨日から左膝も痛い(-o-;)
てなわけで、朝からBlu-ray観賞

これ、あんまり観てなかったな~
でも、直近のlive映像だからな~
と思い、観始めたところーーー(゜◇゜)ガーン

歌い出しから伸びやかな声にやられた!

古き良きAmerica(T-T)

今まで″Day Dream Believer″がmy best&only oneだと思ってたけど、″Smile″もかなり好きだったことに気づいた(^-^)



そして一人紅白は『う~ん』だったはずなのに…

″また逢う日まで″が″C-46″のプレリュードに聴こえる。

″天使の誘惑″何だ、この良質のラブソングは!?

″廃墟の鳩″が「700番」とリンクする。

木綿のハンカチーフ″が″東京″に重なる。

ここに幸ありASKAさんに寄り添える幸せ(*^^*)



″What A Wonderful World″誰のカバーよりもASKAさんの歌唱が好き!



そして持ち歌
liveの表現力はやはりスゴい!

″歌中″″朝あり″はMVを差し替えてほしいぐらい(笑)

″僕瞳″今日初めてこのアレンジいいな~と思った。
swingしながら 大人の渋かっこよさを堪能(^q^)



最後まで圧倒されながら観て…
rocket tourのBlu-rayはよ!と思いました(>_<)




ASKAさんは確かに透明な水に蒼いインクを落としてしまったのかもしれない。
けれど、水は流れ続けていた。
いえ、流れを止めないようにもがいていた。
だから、その頃の映像を観ても心に響いてくる。

ASKAさんの数ある才能の中でも『歌うたい』は本分だと思う。
ASKAさんが二度と声を失くしませんように…
コンプライアンスの壁を駆け上がって、光の拍手を浴びる日が早くきますように…